【ほぼパソコン】Logicoolのトラックパッド付きキーボードケース「Folio Touch」レビュー

iPad pro購入にあたって、必ず必要になってくるiPadのケース。
私は悩みに悩んでLogicoolのFolio Touchを購入しました。
こちらの記事ではFolio Touchの使い勝手やFolio Touchがおすすめな人、逆におすすめできない人、また他に検討したiPadケース(スタンド)などをまとめました。

この記事がおすすめな人
  • iPad Proのケースを探している人
  • Folio Touchの使い勝手が知りたい人
  • iPadでイラストや文字入力などいろんな事がしたい人
CONTENTS

私が求めるiPad Proのケースの3つの条件

キーボードとトラックパッドを備えている

→iPad Proの機能を最大限活かし、パソコンライクに使いたかったので個人的にキーボードとトラックパッドは必須でした。(以前MacBookproを愛用していたのでそれに近い使い方ができると期待しました。)別々で用意することもできますが、家の中で無くさないようにケースとして一体になっているものが良いな…と。
キーボードだけでもいいかな…と思ったのですが、カーソルをパッと動かしたいときにいちいち画面に手を伸ばすのめんどいな。と思ったんですよね。

Apple Pencil(第二世代)が収納できる

家の中で無くさないように以下略
マグネットでくっつけて充電できる機能が損なわれないものがいいですよね。せっかくの機能がケースで損なわれたら悔しいです。

絵を描くのに適した角度になる

→ここが一番の肝でした。Apple純正のキーボードケース(Smart Keybord Folio、Magic Keybord)スケッチの角度に展開することが不可能。そして、キーボードケースをつけたままお絵かきモードに展開できるのもがほとんど見つからなかったのです。

Apple純正のキーボードケース

Smart Keybord Folioにはトラックパッドがついていないですが、スリムで軽いので持ち歩く人にはとてもいいと思います!

こちらはキーボードの質感がかなり良くて、パソコンみたいでめちゃくちゃカッコいいですが、可動域がせまくて、着脱して使うの前提みたいな感じです。あとお店で触って見ましたがなかなかの重量でした。

3つの条件を満たす唯一のキーボードケース ロジクール Folio Touch

買っちゃった

FolioTouchのいいところ・悪いところ

Folio Totchのいいところ
  • キーボード・トラックパッドが付いているのでiPad Proの使い勝手が飛躍的にUP
  • 装着するだけで接続・給電されるsmart connector(充電や接続の手間がない)
  • スケッチの角度になる!!!

欲しい機能が全部ついてるiPadケースはFolio touchしかみつけられませんでした…!

Folio Totchの悪いところ
  • めちゃくちゃ重い(900g)
  • キー配列がUS配列
  • スケッチモードで体重がかかると若干たわむ

悪いところについて詳しく解説していきたいと思います。

めちゃくちゃ重い(900g)

計測不可やないかい

重いです。ノートパソコン並みに重いです。iPad Proが471gなので、Folio Touchをつけると約1.4kg
現行のmac book pro 13インチが1.4kg。やっぱりパソコン並みです。

私は家の中での使用がメイン。iPadの定位置を決めてデスクに据置するのではなく、ソファやダイニングやキッチンで場所に囚われずに使うスタイルをイメージしていたので、キーボードなどを別々で使用するよりも一体になっていることが一番重要でした。これを持ち運ぶだけで全部くっついてきてくれるので、よくモノを無くす私にとってはこの重さは許容するしかありません。

ぽぽちと200gしか変わらない

そう考えたら軽く感じてきたな

キー配列がUS配列

しっかりした作りです

慣れれば問題なしです。
「」〜@=などの記号の配置がJIS配列とは若干異なりますが、少なくとも画面のキーボードよりは使いやすいですし、打鍵感も気持ち良いです!この記事もFolio Touchを使用して執筆しています。サクサク入力できて気持ちがいいです。
キーボード上部に、いろいろなコマンドキーがついているのですが、Deleteキーの上にデバイスロックのキーがあるので、うっかりロックしてしまいがちです。汗
でも左上にホームボタンのキーがあるので、Face ID認証ですぐに戻ってこられます。いちいち本体のボタンに手を伸ばさなくてもいいので、良くも悪くもサクサクです。

話はそれますが、コロナが流行しマスクを身に付けるようになった影響で、新型iPadAirはTouch ID(指紋認証)が採用されましたが、私は家の中ではマスクはつけないので、Touch IDよりもFace ID(顔認証)の方が断然便利です。iPad Proを選んだ理由の一つがFace ID機能でした。iPad proを買った時の記事に書き忘れました。

そもそも、手荒れで指紋が消えていてTouch IDが使えない

あわせて読みたい
新iPadAirとiPad Pro どっちがいい?悩みに悩んでiPad Pro 11inch 256GBを購入!比較ポイントをまとめま... iPad AirとiPad Pro、どっちがいいのか?容量は?サイズは?悩みに悩んで最後に選んだのはiPad Pro 11inch 256GB!選んだ理由と、個人的な比較のポイントなどをまとめました。

スケッチモードで体重がかかると若干たわむ

押すとふにゃふにゃしますが、描くときは大丈夫

スケッチモードでの描き心地はが一番気になるポイントでした。前作のCOMBO TOUCHの使用動画をYoutubeで見て、ふにゃふにゃとたわんでいるのに気づき、絵が描きたいのに、描きづらければお蔵入りする可能性もあるな…と、かなりドキドキしながらの購入でした。
結果…描き心地ですが、私の場合たわむ事なく快適に使えています

私はどちらかというと筆圧が弱いなので、たわまずに済みました!少し弾力というか、跳ね返りは感じられますが、嫌な感じではなく、むしろ分厚いスケッチブックに描いているような心地よさすら感じます。

ちなみに、どのくらい筆圧が弱い(非力)かというと、

  • 普段使用しているシャーペンの芯は2Bを愛用
  • 学生時代、絵の描きすぎで腱鞘炎&手根管症候群になる
  • 部活の吹奏楽でクラリネットが持てなくなり退部(悲しい思い出)

子育て3年目にして、うまれて初めて「力こぶ」というものに出会えました。私の腕には存在していないのかと思っていたので嬉しかったです。

逆に、筆圧がめちゃくちゃ強いという自覚がある人や、シャーペンの芯はHBがちょうどいいと思われる方には、もしかしたらたわんでしまい、絵が描きづらいかもしれません。

値段は2万円弱、純正よりは安いけど、他のキーボードケースに比べると高め

お絵かき楽しいです

ケースに2万円は高い…でも、Folio Touchのようにお絵かきの角度にできて、トラックパッドも付いていて、キーボードもついている、、こんな多機能なキーボードケースは他になく、その唯一性を鑑みると、高くはないのかもしれません。

こうだったらいいのにな、と思う事

やっぱ重い、キーボード部分を切り離したい

iPad Proで電子書籍を読むときは、やっぱり支えている腕がプルプルしてきちゃいます。せめて、キーボード部分を外せたら、もっとフレキシブルに使えたのにな…と。さすがに、キーボード部分は無くさないと思うので…
ソファで漫画を読むときはケースを外そうかな…(落下フラグ)

2020年7月に発売された同じくロジクールのCombo Touchには、キーボード部分の切り離しの機能がついています。Folio touchも切り離せたらよかったのに…でもキーボード部分を落とす自信しかない…

イラストを描くときにキーボードが使えない、キーボードを切り離したい

macのキーボード持ってきてみたけど、遠いし面倒臭かった。

iPadの画面タップやジェスチャーなどで、時短効率化はできますが、やはりツールの切り替えコピー&ペーストなど、キーボードでサクサクっとできたらよかったのにと思ってしまいます。裏側にキーボードいるのに…という気持ちになってしまいました。笑

【余談】左手デバイスなるものが世の中にはある?!

クリスタ(clip studio)をメインで使用する絵描きの中ではこの「左手デバイス」なるものが流行っているようです。テンキーなどによく使うコマンドのショートカットを割り当てて使用するというもの。作業効率が爆上がりしそうです。

私の使用している「Procreate」では、ショートカットがカスタマイズできず、テンキーでの割り当てはできないようです。現在は指をくわえて見ています。


仕方がないので、コピペが必要な細かい画像編集作業はiMacで、下描きや色塗りはiPadで、というように作業で使い分けています。

ブログの執筆も、下書きはiPad仕上げiMac、って感じで行なっています。

特に、画面移行を多用するシーンでは、iPadだとマルチウインドウ機能を使ったとしても、やはりパソコンの手軽さには劣ると感じます。

パソコンは複数のウインドウを開いてドラッグ&ドロップするだけで完結する。そんな当たり前のPC操作が、タブレットだと非常に難しいことを実感します。もちろんできなくはないですし、慣れの問題なのかもしれません。ですがやはりパソコンに比べるとかなり非効率だと感じます。

とはいえ、子どもがいるときは、iMacは使える時が限られるけど、iPadは場所を選ばずに作業できるのでめちゃくちゃ重宝します。

絵を描くのも、文字を書くのも、いままでよりぐっと気軽になりました!思い立ったときにすぐ実行できる、物事のハードルが下がるのは実にいいことです。出来ることが増えたと同時にやりたい事も増えてしまいました。
ブログを始めようと決心したのも、マンガを描き始めたのも、iPadを買ってからです。笑

身軽になんでもすぐできるってサイコー!

他に検討したもの

iPad Pro用Brydge Pro

MacBookみたいなデザインがかっこいいです。ロジクールのように多彩な角度調整機能は無いものの、トラックパッド付のキーボードで、画面とキーボードを切り離せるのでフレキシブルな使い方ができ、いいかな…と思ったのですが、キーボードを着脱するのにかなりの力を要するらしく、また、トラックパッドのジェスチャーに対応していないようです…(トラックパッドもどき!)
以前、MacBook proを愛用しており、トラックパッドのジェスチャーが身に沁みている私にとっては、そこが物足りなく感じそうだな…と。
マウスとして使えればいいと言う人には必要十分かと思いますし、今後のアップデートで使えるようになる可能性もあるみたいです。
絵は描かない、パソコンのように使いたい、という方には、いいかのかなと思います。カッコイイですし!

夜な夜なレビュー動画をみて研究しました!気になる方は検索してみてください。

BoYata ノートパソコンスタンド

イラストレーターの間でも有名なノートパソコンスタンドです。
画面の位置を高くして、角度も調節できるので、姿勢の改善、肩こり解消などに効果抜群だそうです。
ただ、私はデスクなどに据え置いて使うことは想定しておらず、このスタンドをあちこちに移動して使うことはしないだろうと思い購入には至りませんでした。
また、高さをつけることで、描くときに腕が浮く状態になるため、私のように腕力がなくすぐに腕が痛くなる人には、絵を描くには辛い姿勢ではないか?と思ったのも購入を見送った理由です。普段パソコンで絵を描くときは板タブを使っており、腕は机についた状態で描いています。たしかに、iPadで絵を描くと前傾姿勢になり、肩が凝ります…

この記事を執筆している今も指や腕が痛いです。体の負担軽減のために、キーボードにある程度角度があったほうがいいというのは事実でしょう。

MOFT 超軽量 ノートスタンド

軽さを重視してBluetoothのキーボードと組み合わせる想定でこちらのノードスタンドも検討しました。iPadに貼り付ける形で、角度の調整だけできるので、シンプルでいいなと思います。今も(キーボードの角度が水平だと手首が痛いので、)ちょっとMOFTが欲しくなっています。

何かしらの角度調整機能はほしい

試しにキーボードの下にスマホを置いて10°くらいの傾斜をつけてみました。やはり、傾斜がある方がキーボードを打ち込む手への負担が少なくでいい感じです。Folio Touchと組み合わせたときにうまく機能するかどうかわかりませんが…なにかしら角度をつけるアイテムは今後のために必要かもしれません。

自分に100%合う完璧なものはないのかもしれない…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
私がiPad proのケースを買うのにどれだけ悩んだかお分り頂けたかと思います。笑
それぞれのケースに、一長一短あり、また、人によって使用スタイルが全く異なるiPadだからこそ、これだけ多様なケースが発売されているのだろうなと思います。

軽さに重きをおけば、また全く違った志向のiPadケースが出てくるのでしょう。持ち歩く人は、そういったタイプのケースと、軽量コンパクトなBluetoothキーボードという組み合わせがあっているのかなと思います。

自分にぴったり合うアイテムを探しまわるのは、時間を忘れてしまうほど、とても楽しいです。
私の夜更かしの成果が、iPad proのケースを検討中の誰かの参考になれば幸いです。

iPad proで初めて色塗りしたLINEスタンプ

未確認飛行ポメポメです

\\ ありがとうございます //

人気ブログランキング ポメラニアン部門
ブログ村 ポメラニアン部門
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる