【出会い編】幼児がいるのに子犬をお迎えしても本当に大丈夫?ぽぽちのお迎えを決意したきっかけ。

こちらの記事は飼い主一家がぽぽちに初めて出会ってお迎えするまでのお話です。

ぱぴ〜

この記事はあくまで、私たちの体験記です。「ぽぽちが大丈夫だったのなら私も犬飼える」と思わず、あくまで判断材料の一つに留めてくださいますよう、よろしくお願いします。

CONTENTS

ぽぽちが我が家にやってきた時、息子はまだ1歳でした。

息子はどちらかというと繊細で、夜寝ない子でした。

お互いの実家とも遠方で気軽に頼れる人が近くにおらず、私は慣れない土地、慣れない子育てに奮闘し、また、夫も家事子育てにかなり協力的ではあったものの激務で朝早く夜遅い生活

今思えば、お互いに、常に寝不足でかなり疲弊していたと思います。

週末のペットショップ行脚が日々の癒やしに

日々のストレスを癒やすために、週末にペットショップに通うのが定番になっていました…

私も夫も、実家では犬を飼っていたので、自分たちもいずれは犬を飼うんだろうと当たり前に思っていました。

でも、この育児で手一杯の今この時期ではないよね。
まぁ見るだけなら…そんな気持ちで訪ねた、個人経営のこじんまりとしたペットショップ…

ついに出会ってしまったのです。

手のひらサイズのぽぽち…

パピキューン

いやぬいぐるみかて。

初対面ぱぴぱぴぽぽちの衝撃的可愛さ。

きなこのおはぎみたい

連れて帰ろう。いますぐに。

ぱぱち

そうだな。連れて帰ろう

いや待って、来週大阪(飼い主の実家)行かなあかんわ。むりやわ。
こんなちっこいのん連れて行かれへんわ。
ほんでそもそも、息子くんおるしむりやわ。あかんわ。

パピキュンキュン!

アカーーン!!

育児でずっと家にいるからこそ、子犬のそばにずっといることができる…

幼児と犬の親和性にドキドキせざるを得ない飼い主

一連のやり取りを眺めていた店員さんが声をかけてくださいました。

店員さん

奥様は育休中ですか?

あ、はい(育休手当だけもらって辞めたけど)

店員さん

…てことは、日中はずっとご自宅におられますよね?

あ、、、(なるほど何が言いたいか分かりましたよ)しつけしやすいですね…

子犬は赤ちゃんと一緒で、一日に何度も排泄するので、はじめにつきっきりでトイレトレーニングをする事がのちの育てやすさに大きく影響します。(と個人的には思っています)

店員さん

そうなんです。小さいお子さんもいるから大変ですが…
奥様が子育て落ち着く頃って、いつですか?
そのときって…働いてません?

息子が、小学校行く頃かな…?
はっ!!!
働いてるぅ!!!
(※当時のビジョンでは)

育休中のいま飼うのって、私の場合はタイミング的に悪くないのかもしれない。

もちろん、ワンオペで育児をしながら子犬のお世話やしつけもするのは、ものすごく大変でしょう…

子どものいたずら、子犬のいたずらのダブルパンチ。きっと目が回る忙しさになるでしょう。

でも、見てください。

この圧倒的かわいさ…!

連れて帰りたい………

柴犬を飼いたいぱぱち VS ポメを飼いたいママ…ファイッ!

ぱぱちの実家には柴犬がいる。キャワユイ
ぱぱち

でもおれ、柴犬も捨てがたいなあ←柴犬派

いやぁ、柴ちゃんも可愛いけど、絶対毎日お散歩いるっしょ?むりやわ。息子連れて散歩…しかも冬は雪があるし、むりやわ。←ポメ派

ぱぱち

おれが散歩する…(社畜にそんな時間はない)

柴ちゃん、力強いから息子くん引きずられちゃいそう。
ポメちゃんなら力も対等くらいだしちょうどいいと思う!

ぱぱち

まぁ…ぽこさんがメインになるもんなぁ。ポメだなぁ…

POKO WIN!!

「いつか飼えたらいいな」が「今だ!」に変わった、店員さんとの話

本当にいいの?

気持ち的にかなり飼う方向に傾いて来ました
でも、こんな衝動的に、飼ってしまってもいいんだろうか?こんな自分の行動は、軽率ではないだろうか。

目の前のぽめちゃんはめちゃくちゃかわいい。連れて帰りたい。だけど本当に、なんの覚悟もしないでやってきて、ポンと決めていいものだろうか。生き物を飼うことってすごく、責任の重いことなのに。

そんな想いを取り留めもなく話していた時、店員さんの発した一言が私の胸に刺さりました。

「このコが死ぬ時、息子さんはたぶん、一番多感な時期ですよね…」

おネムなパピパピぽぽちゃん

物心つかないときからずっと一緒にいたワンちゃんが亡くなる。想像すると、ものすごく胸を締め付けらます。そして、その経験って…ものすごく、息子の心をえぐるだろうなと想像できました。そして精神的に大きく成長できるだろうと思いました。

私自身も、自分が22の時に父親を亡くしました
病室で、私の誕生日のお祝いをした、1週間後の事でした。
私の人生において、それはそれは衝撃的な出来事でした。自分の一部が失われてしまったような、心に大穴が空いたような気持ちで、しばらくは心を殺しながら、暗闇の中で苦しんでいました。
そのショックから立ち直れたと感じたときには、私は以前の私とは全く違う人間になっていました。

それでも生きていかねば

生き物の死は、とても悲しいけれど、避けられないものです。
そして、周りの人間に多大な影響を与えることを私は知っていました。

この子が、いつか死ぬことを考えて息子が、いつか傷つくことを考えて
飼うことを決めるなんて、なんか変な気もします。

だけど終わりを見据えた瞬間に、この子の犬生とずっと寄り添い、生きていくんだという決意ができました。

よし、連れて帰る。

なんせぽぽちが可愛い。連れて帰りたいもの。

今を逃したら他の人に連れて行かれちゃう!って気持ちももちろんありました。笑

だからお店の中でうだうだと悩んでいたわけですね。みんな、悩みますよね。人生を分かつ一大決心ですものね。

そんなこんなで、ぽぽちをお迎えする決心をしました。

そのときはまだぽぽち自身が小さすぎるのもあり、私たちが来週大阪に行かなければならないこともあり、
一週間後(実家から帰ってきたその日)にお迎えすることになりました。

今までの人生で一番長い1週間でした。

1週間後、ぽぽちが我が家にやってきた時のお話はこちら

あわせて読みたい
【お迎え編】ぽぽちがついに我が家にやってきた!まず始めに準備したアイテム8選をご紹介します
【お迎え編】ぽぽちがついに我が家にやってきた!まず始めに準備したアイテム8選をご紹介しますパピーぽぽちをお迎えするに当たって我が家が準備したアイテム8選をご紹介します。

いぬのきもちWEB MAGAZINEさまにて、ぽぽちをお迎えした時のことを記事にしていただきました。

ぽぽちをお迎えした時のエピソード、コロナが流行して起こった変化など、インタビューしていただき、記事にまとめていただきました。

この記事と一部内容が重複しているところもありますが、本記事には載っていない写真やエピソードも収録されていますので、よろしければご覧ください。

あわせて読みたい
「このコの犬生、私たちが預かった!」と誓ったぽぽちゃんとの出会い|特別企画「#スマイルドッグ ありが...
「このコの犬生、私たちが預かった!」と誓ったぽぽちゃんとの出会い|特別企画「#スマイルドッグ ありが...愛犬は飼い主さんのことを癒してくれたり、元気な気持ちにさせてくれますよね。毎日一緒に過ごしているなかで、愛犬の存在の大きさを感じ、「出会えてよかった」と感謝の気...

\\ ありがとうございます //

人気ブログランキング ポメラニアン部門
ブログ村 ポメラニアン部門
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぽぽちの飼い主
LINEスタンプを作ったりしている二児の母

最近はまっているものは、ぽぽち

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる